禁止取引をするとどうなるの?

突然ですが、トレードをする上での禁止事項をきちんと把握していますか?

トレードの経験がある方はもちろんご存知だと思いますが、初めてFXをする方はどの様な行為が禁止事項にあたるのか今イチ分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

海外FXはハイレバレッジでトレードをすることが出来る上にほとんどの業者がゼロカット制度を導入しているのが魅力ですが、トレーダーがその制度を利用して「損失を限定させて利益を最大までのばす」行為を許可するとFX業者は存続の危機にさらされてしまいます。

そのためFX業者はそれぞれ利用規約で禁止事項を設定しているのですが、利用規約をよく確認せずに禁止取引をすると、トレードで得た利益の取消しや口座凍結をされて最悪の場合、出禁になる可能性があります。

「分からなかった」では済まされないため今回は、よく海外FXで禁止されている取引について紹介していきたいと思います。

禁止取引は利用するFX業者により異なりますので、必ずご自分の利用している・またはこれから利用する予定のFX業者で利用規約を確認して下さい。

よく海外FXで禁止されている取引を紹介

裁定取引の禁止

裁定取引とは「アービトラージ」や「サヤ取り」とも言われる取引手法で、いかなる裁定取引も禁止としている海外FX業者は多いので注意する必要があります。

複数の口座を利用した両建て取引の禁止

XMでは1人最大8つの口座の保有が認められているように、海外FXでは基本的に1つの業者内に複数の口座を持つことが出来ます。
「複数の口座を利用した両建て取引の禁止」とは簡単に説明すると、同じ通貨ペアにおいて口座1で買いポジションを持つと同時に口座2で売りポジションを持つことを指します。

例えば経済指標時など相場が大きく変動すると予想される時に、口座1でドル円買い注文を出しておいて、口座2ではドル円売り注文を出しておいたとします。 経済指標が発表されてドル高円安の方に大きく相場が動いた時、ドル円売り注文を出していた口座2は損失が発生しますが、ゼロカットシステムによりその損失は限定されます。

一方、口座1ではドル円買い注文を出していたため、利益を最大までのばした上で利益確定させることで口座2で発生した損失を相殺し、手元には利益だけが残ることになります。

このようにほぼリスクを負わない状態で利益を出そうとする行為は禁止されており、違反した場合は厳しく罰せられることになります。

同一口座内で両建てを行うことは禁止されていません。

他業者間での両建て取引の禁止

先ほどの手法は1つの業者で複数の口座を利用する手法でしたが、「他業者間での両建て取引」は同じ通貨ペアにおいて、業者Aで買いポジションを持つと同時に業者Bで売りポジションを持つという風に、2つ以上の業者を利用する手法になります。

グループ内での裁定取引の禁止

家族や友人・知人などと手を組んで裁定取引を行うことも禁止されています。家族以外とグループを組めばFX業者にはばれないような気もしますが、FX業者は何らかの方法でグループ内の裁定取引を見破ることが出来る仕組みになっているようです。
過去にグループ内で裁定取引を行って口座凍結をされた例もあるようですので絶対に行わないようにしましょう。

接続遅延・レートエラーを利用した取引の禁止

経済指標や大統領選などの大きなニュースによりアクセスが集中した時に接続遅延やレートエラーが起こることがありますが、これを悪用したトレードは禁止されている場合が多いです。

ボーナスを悪用した取引の禁止

ボーナスを利用した複数口座間の両建て取引や他業者間の両建て取引などボーナスを利用してリスクを負わずに利益を得ようとする行為は禁止されています。また、他人名義を利用してボーナスを何度も受け取ろうとしたり、ボーナスを現金化しようとする行為も規約違反となります。

ハイレバレッジでの経済指標取引

「ハイレバレッジでの経済指標トレード」とは、経済指標発表時など大きく相場が動くと予想される時に最大レバレッジでトレードを行うことを指します。これは禁止とされている訳ではありませんが、業者側の判断により最大レバレッジを制限する場合があるようです。

週明け窓狙いのトレード

金曜日の終値から月曜日の始値の間でレートの差が開くことを「窓開け」といい、 窓開けが発生した際にその差を埋めるように徐々に相場が上昇または下降していき、窓が開く前の状態に戻ることを「窓埋め」といいます。
週末にトレードを持ち越して窓開けによる利益を狙ったり、週の初めに窓埋めによる利益を狙う「窓トレード」は禁止とされている場合が多いので注意が必要です。

今回のまとめ

ookami

トレードする前にFX業者の利用規約をよく確認して、禁止取引は絶対に行わないようにしましょう。

キャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめ

海外FX業者の利用を検討している方はキャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめです。キャッシュバックサイトを利用すると取引量に応じてキャッシュバックが受けられます。
キャッシュバックサイトを経由して口座開設した場合、トレードする度キャッシュバックが受け取れるため、実質取引手数料を抑えることが出来ます。

キャッシュバックサイトNo1はTariTali!

TariTalilogo
TariTaliとは海外FX業者を対象としたキャッシュバックサービスで、TariTali経由で開設した海外FX口座の取引量に応じて高いリベート率でキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

キャッシュバックサイト別に出金スピードと手数料を比較しました。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 翌月1日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 無料 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

TariTalilogo