LANDFXは最大レバレッジ500倍と様々なボーナスプロモーションを提供してくれる業者であることから国内でも人気の業者となっています。この業者は海外FXの中でもかなりスプレッドが狭く、国内業者から乗り換えるトレーダーにとってはもっとも違和感のないものとなっているのが人気の秘密のようです。

キャッシュバックサイト経由口座開設がさらにお得になる

LANDFXで取引する場合にぜひ利用を考えたいのはキャッシュバックサイト経由での登録です。キャッシュバックサイトを経由して口座開設をすれば自分でトレードした分が確実にキャッシュバックされるのでFX業者が設定したスプレッドを実質的により狭く取引することができるようになるのです。LANDFXで口座開設をお考えの方にお勧めしたいのがキャッシュバックサイト経由の口座開設です。

キャッシュバックサイト利用の明確なメリット

キャッシュバックサイトを利用して口座開設をする最大のメリットといえばやはり取引ボリュームに合わせる形でキャッシュバックを受けとることができるという点です。キャッシュバックサイト経由で開設した口座ならば未来永劫にトレードするたびにキャッシュバックを受け取ることができることから実質的なスプレッド、取引手数料がかなり安くなり利益を確実に確保することができるようになるのです。こうしたインセンティブは国内の店頭取引業者には一切存在しない仕組ですから、海外FXを利用するならば利用しない手はない仕組なのです。

なんといってもキャッシュバック率No1はTariTali

海外FXのキャッシュバックサイトはいくつか存在していますが、よくそのキャッシュバック率をみますと結構違うことがわかります。キャッシュバックサイトにはいくつか有名なところが存在しますがその中でも圧倒的にキャッシュバック率の高いレートを提供し続けるのがTariTaliです。これは実際に提示キャッシュバック率を比較してみれば一目瞭然の違いです。長く取引すればするほどこの違いは歴然とした差になって現れますので最初の選択がきわめて重要です。

LANDFXキャッシュバックサイト別リベート比較

実際にLANDFXのキャッシュバック率を主要なサイトで比較してみますと以下のようになります。キャッシュバックレートはTariTaliがダントツなのがすぐに確認できます。

Live・LPボーナス口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 0.425pips
RoyalCashBack 0.38pips
FinalCashBack 0.38pips
CASHBACKFOREX ×
CASHBACKVictory 0.38pips

ECN口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 0.085pips
RoyalCashBack 0.05pips
FinalCashBack 0.07pips
CASHBACKFOREX ×
CASHBACKVictory 0.05pips

出金スピードと手数料比較

キャッシュサイトの利用にあたっては単純にキャッシュバック率だけで比較するのではなくそれをどのように出金できるのかのスピードとコストもしっかり比較しなくてはなりません。

上記の主要キャッシュバックサイトを比較しますと手数料無料で最低出金額が小さく、当日中に取引口座に出金できるという点ではTariTaliが最高の条件を提供してくれていることがわかります。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 取引1時間後から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 無料 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

LANDFXの基本データ

創業      2013年
登録法人名   Landprime Ltd.
本拠地     ニュージーランド
所在地     Plaza Level, 41 Shortland Street, Auckland, 1010, NewZealand
レバレッジ   最大400倍
ロスカット水準 証拠金維持率20%を下回るとロスカット
日本語サポート あり
ボーナス    あり

LANDFXは2013年にニュージーランドのライセンスを利用してビジネスを開始していますが、2016年にはもっとも取得が難しいとされている英国FCAのライセンスを取得し、実に30種類以上のライセンスを利用して世界13か国で展開を行っているFXブローカーです。現在ではニュージーランドを本拠地としながらマネジメントは下の句のNKOKという法人が運営を行っている独特の企業ということができます。

LANDFX口座のポイント

LANDFX口座のポイントとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 最大500倍のレバレッジ
  • 海外業者では1~2位を争うほどのスプレッドの狭さ
  • 多彩なボーナスプログラムの提供
  • 高い約定力で確実に取引が可能
  • 5万ユーロまでの資金補償を実現
  • 国内業者には設定のないMT5の利用も可能
  • 67の通貨ペア設定で国内投資家には十分な品ぞろえ

特にハイレバレッジとボーナスプログラムといった海外FX業者に国内トレーダーが求める条件がしっかり完備されている点は秀逸で、しかも国内業者並みのスプレッドを提供してくれるのは大きな魅力となっています。

ゼロカットシステム実装済み

海外FX業者ならではのゼロカットシステムも実装済みですから万が一相場が暴落すうような場面でも追証を求められることはなく、証拠金以上のリスクがない取引を実現できるのは極めて安心です。

証拠金に対する補償制度が確立

海外FXの場合にはまさかの業者破綻といったときに証拠金がどのように保全されるのかが気になるところですが、LANDFXは英国金融サービス補償機構・FSCSに加入していることから最大5万ユーロまでの証拠金が補償されることになり信託保全以上に安心して証拠金を預託することができるようです。

LANDFXの悪い評判まとめ

ここからはLANDFXの悪いところをまとめていきたいと思います。

ゼロカットが申告制

LANDFXのゼロカットは申告制でもし残高がマイナスになった場合はLANDFXのサポートに連絡をしてから入金をしないとマイナス分を引いた金額が残高に入金されることになります。
またLANDFXのゼロカットは裁量判断性となっておりLANDFXがゼロカットを適用しないと判断した場合は追い証の支払い義務が発生することもあるようです。

補償制度は日本人は対象外

LANDFXが公式で掲載している情報は「LANDFX UK」というイギリス法人の情報になります。
日本人が開設可能な法人は「LAND Prime」というニュージーランド法人となっておりFSCSなどが適用されない企業となっています。

LP、Liveボーナス口座は呑み口座

豊富なボーナス制度が充実しているLPボーナス口座及びLiveボーナス口座はECN口座とは異なりLANDFXが注文を相殺する呑み口座となっています。
大きな利益が出た際にはいちゃもんをつけられる可能性があるので注意が必要です。

日本人は無ライセンス法人での開設

日本人が口座開設可能なLANDFXの法人はニュージーランド法人になりますが、このニュージーランド法人は記載時点でライセンスが剥奪されています。
そのため必然的に無ライセンスブローカーでの取引となります。

実態は韓国系企業

LANDFXの運営母体は韓国の「NKOK」という法人で運営されているとのことです。
この法人の代表者は元LGグループの社員のようでニュージーランド法人、イギリス法人ともにペーパーカンパニーになっているようです。

出金拒否の実態

LANDFXでは実際に出金拒否が行われていたようで出金拒否をする前には下記のような契約書を書かされるとのことです。

https://taritali.com/wp-content/uploads/2016/03/AgreementWritten-Oath_Account-55631.jpg

内容としては他言無用、外部に情報が流出した場合は損害賠償請求ができるといった内容のようです。

まとめとして

ookami

悪いところも多いLANDFXですが豊富な入金ボーナスなどが魅力的なLANDFXでの取引をお考えならTariTali経由で口座開設をすることがお得です。
通常でも狭いスプレッドのLANDFXをTariTali経由で開設して取引すればほとんど国内業者並みの狭いスプレッド取引を実現することができるようになるのです。口座開設をお考えの方はぜひTariTaliのご利用をご検討ください。