仮想通貨はどこで取引するのがおすすめ?

1月26日、仮想通貨取引所のコインチックで約580億円分の仮想通貨NEMが盗難された事件が大きなニュースとなっています。
この事件が起きた一番の原因はコインチェックのセキュリティの甘さだと指摘されています。

日本では仮想通貨交換事業者として金融庁・財務局から登録を受けた事業者が日本国内で仮想通貨取引サービスを提供することが出来ます。
しかしコインチェックは審査中で、登録はされていませんでした。

コインチェックは2月13日より日本円での出金を再開しており事業継続の意思を強調しているようですが、NEMの不正送金に係る補償の支払い時期や売買については未定となっている上、訴訟問題にも発展していてこのまま倒産する可能性もあります。

今回の事件はみなし業者であるコインチェックのセキュリティの甘さにより引き起こされたものですが、コインチェック以外にもみなし業者は存在します。金融庁によると、現在以下の15社がみなし仮想通貨交換業者とのことです。

みんなのビットコイン株式会社・Payward Japan株式会社・バイクリメンツ株式会社・株式会社 CAMPFIRE・東京ゲートウェイ株式会社・株式会社 LastRoots・株式会社 deBit・株式会社エターナルリンク・FSHO 株式会社・株式会社来夢・ビットステーション株式会社・ブルードリームジャパン株式会社・株式会社ミスターエクスチェンジ・株式会社 BMEX・株式会社 bitExpress
出典金融庁

多くの事業者が未だ登録されていないことが分かります。

ではなぜみなし業者であるにも関わらずサービスを提供出来るのでしょうか?
実は、審査が継続中なら運営を続けられることになっており、みなし業者のまま営業を続けることが許可されていたのです。

現在金融庁はコインチェックのNEM盗難事件を受けて、みなし業者に対して営業期間に制限をかけたり立ち入り検査を実施しているようですが、安心して利用出来るようになるまで体制が整うにはまだ時間がかかりそうです。

「仮想通貨取引はしたい、でも今回のような事件には巻き込まれたくない」そんな方には海外FX業者を利用した仮想通貨FXがおすすめです。

仮想通貨現物売買と仮想通貨FXの特徴

仮想通貨現物売買
●レバレッジがかけられない
●スプレッドが広い
●「売り」から入ることが出来ない
●投資した以上の損失を負うことはない

仮想通貨FX
●レバレッジがかけられる
● 仮想通貨現物売買に比べてスプレッドが狭い
● 「売り」から入ることも出来る

仮想通貨現物売買は投資した以上の損失を負うことはありませんが、デメリットが多くあまりメリットがある取引方法とはいえません。
その一方、仮想通貨FXは仮想通貨現物売買のデメリットがメリットとなります。

海外FX業者を利用した仮想通貨FXがおすすめ

海外FX業者を利用するメリット
●追証なしのゼロカットシステムを採用
●金融ライセンスを保有している
●NDD方式の注文方法を採用
●MT4/MT5が利用出来る

上記は当サイトで紹介している海外FX業者を利用する場合のメリットになります。海外FX業者の中には詐欺業者も存在しますので業者選びは慎重に行うようにして下さい。

check
こちらの記事も参考にどうぞ
【初心者向け】海外FX業者を選ぶ5つのポイント

海外FX業者は日本金融庁に登録していないから危険または詐欺だと思われている方もいるのではないでしょうか。しかしこれは大きな誤解です。
仮に海外FX業者が日本の金融庁に登録すると、日本が定める基準で金融活動を行わなければいけません。
これは海外FXの醍醐味であるハイレバレッジが規制されてしまうことを意味します。
現在日本が定めるレバレッジは徐々に低くなってきている上、春にも現行の25倍から10倍に引き下げようとする動きがあります。これでは資金効率がかなり悪く、FXでトレードをする意味がほとんどなくなっていまいます。
つまりトレーダーにより良い取引環境を提供するために海外FX業者は「あえて日本の金融庁に登録していない」ということになります。

仮想通貨が取引可能な海外FX業者

当サイトでおすすめしている海外FX業者の中で仮想通貨FX取引が可能な業者を紹介します。

Tradeview

取引条件

●取扱仮想通貨
BTCUSD(ビットコイン)、ETHUSD(イーサリアム)、LTCUSD(ライトコイン)

●取引時間
週末の取引なし

●最大レバレッジ
10倍

●最小取引量
0.01lot

●最大取引量
10.00lot

●取引手数料
なし

TradeViewの紹介ページはコチラ

FxPro

取引条件

●取扱仮想通貨
BTCUSD(ビットコイン)、ETHUSD(イーサリアム)、LTCUSD(ライトコイン)

FxProの紹介ページはコチラ

キャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめ

海外FX業者の利用を検討している方はキャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめです。キャッシュバックサイトを利用すると取引量に応じてキャッシュバックが受けられます。
キャッシュバックサイトを経由して口座開設した場合、トレードする度キャッシュバックが受け取れるため、実質取引手数料を抑えることが出来ます。

キャッシュバックサイトNo1はTariTali!

TariTalilogo
TariTaliとは海外FX業者を対象としたキャッシュバックサービスで、TariTali経由で開設した海外FX口座の取引量に応じて高いリベート率でキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

キャッシュバックサイト別に出金スピードと手数料を比較しました。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 翌月1日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 250円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

TariTalilogo