金融庁 春にも国内FXレバレッジを10倍に規制か

日経によると、金融庁が2018年春にもレバレッジを 現行の最大25倍から10倍程度に引き下げる方針とのことです。

レバレッジが最大25倍から10倍に引き下げることで起こる個人トレーダーへの影響とその対策については
国内FXレバレッジ10倍規制へ、個人トレーダーへの影響と対策にまとめています。

レバレッジ規制に関わらず海外FXをおすすめする理由

当サイトでは、国内FXのレバレッジ規制に関わらず海外FXへの移行をおすすめしています。

その理由を簡単に説明すると、海外FX業者が「追証なしのゼロカットシステムを採用している」ことと「NDD方式の注文方法を採用している」ことが挙げられます。
逆に言えば、国内FX業者はゼロカットシステムを採用していない上に注文方法はDD方式を採用しています。

DD方式とはトレーダーとインターバンクの間にディーラーを介する約定方法で、トレーダーが得をするとFX業者は損をする トレーダーとFX業者は利益相反の関係になります。一方NDD方式とはトレーダーとインターバンクの間にディーラーを介さない約定方法で、トレーダーが得をするとFX業者も得をするWINWINの関係となります。

トレーダーとFX業者の利益が相反する国内FXよりも、お互い得をする海外FX業者を利用した方が良いのは明らかです。

ただし、全ての海外FX業者がゼロカットシステムを採用・NDD方式を採用しているとは限りませんので注意して下さい。海外FX業者の選び方については、 【初心者向け】海外FX業者を選ぶ5つのポイントで紹介しているのでこちらもあわせてご確認下さい。

キャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめ

国内FX業者から海外FX業者への乗り換えを検討している方はキャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめです。キャッシュバックサイトを利用すると取引量に応じてキャッシュバックが受けられます。
キャッシュバックサイトを経由して口座開設した場合、トレードする度キャッシュバックが受け取れるため、実質取引手数料を抑えることが出来ます。

キャッシュバックサイトNo1はTariTali!

TariTalilogo
TariTaliとは海外FX業者を対象としたキャッシュバックサービスで、TariTali経由で開設した海外FX口座の取引量に応じて高いリベート率でキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

キャッシュバックサイト別に出金スピードと手数料を比較しました。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 翌月1日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 無料 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

TariTalilogo