FXチャートパターン一覧

このページではFXで取引を行う上で頻出するチャートパターンをまとめています。チャートパターンを覚えておくと、その後の為替レートの動きを予測しやすくなります。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップとは

アルファベットの「M」に似た形のチャートで、同じ価格帯の高値が2つあることから「ダブルトップ」と呼ばれています。トレンドの転換時によく見られ、ネックラインを抜けたところが買いのエントリーポイントになります。

ダブルボトムとは

アルファベットの「W」に似た形のチャートで、同じ価格帯の安値が2つあることから「ダブルボトム」と呼ばれています。トレンドの転換時によく見られ、ネックラインを抜けたところが売りのエントリーポイントになります。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダー(三尊)とは

ダブルトップやダブルボトムと同じくトレンドの転換時によく見られ、チャートの動きが頭と両肩を表しているように見えることからヘッドアンドショルダーと呼ばれています。
ヘッドアンドショルダーの動きとしては、始めに高値をつけて1つ目の肩の部分を形成し、一度値を下げてから次は先程よりも高値をつけて頭の部分を形成します。
上昇トレンドは続かず値が下がりますが、再度上を試す動きが見られます。
しかし先程の高値を超えることが出来ず、安値同士を結んだネックラインを下に抜けることで売りの圧力が強くなり、下降トレンドへと転換していきます。

逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)とは

ヘッドアンドショルダーとは逆の動きで、一度安値を更新したもののそれ以上更新することが出来ずに、ネックラインを上に抜けることで買いの圧力が強くなり、上昇トレンドへと転換していきます。

順張り・逆張り

順張りとは

順張りとは、相場が上昇している時に買いポジションを保有して、相場が下降している時に売りポジションを保有するというように、トレンドの流れに沿って取引を行うことを指します。

逆張りとは

逆張りとは、順張りとは反対に相場が上昇している時に売りポジションを持って、相場が下降している時に買いポジションを持つというように、トレンドの流れに逆らって取引を行うことを指します。
トレンドの変わり目を予測してエントリーするため、順張りと比べて損失のリスクが高くなりますが、自分の予測通りに相場が動いた場合は大きな利益を得ることが出来ます。

押し目買い・押し目売り

押し目買いとは

押し目買いとは、相場が上昇トレンドの時に一時的に価格が下降したところ(押し目)で、今後為替レートが上昇することを見越して買いポジションを保有することを指します。

戻り売りとは

 

戻り売りとは、相場が下降トレンドの時に一時的に価格が上昇したところ(戻り)で、今後為替レートが下降することを見越して売りポジションを保有することを指します。

ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロスとは

ゴールデンクロスとは短期線が中期線・長期線を下から上に抜けた状態のことで、ゴールデンクロスが発生した場合、上昇トレンドになりやすい傾向があります。

デッドクロスとは

短期線が中期線・長期線を上から下に抜けた状態のことで、デッドクロスが発生した場合、下降トレンドになりやすい傾向があります。

サポートライン・レジスタンスライン

サポートライン(下値支持線)とは

サポートラインとは、ある一定の価格帯でそれ以上価格が下がらないように支えている線のことを指し、同じ価格帯の安値同士を結んだところがサポートラインになります。
価格が直近の安値付近まで下がってくると、売りのポジションを保有していた人は利益確定のため売り注文を入れ、新規でポジションを保有する人は買い注文を入れ始める傾向にあるため、買いの圧力が強くなります。
買いの圧力が強くなれば価格は徐々に上昇し始めていくため、サポートラインが機能します。

レジスタンスライン(上値支持線)とは

レジスタンスラインとは、ある一定の価格帯でそれ以上価格が上がらないように抑えている線のことを指し、同じ価格帯の高値同士を結んだところがレジスタンスラインになります。
価格が直近の高値付近まで上がってくると、買いポジションを保有していた人は利益確定のため買い注文を入れ、新規でポジションを保有する人は売り注文を入れ始める傾向にあるため、売りの圧力が強くなります。
売りの圧力が強くなったら価格は徐々に下降し始めていくため、レジスタンスラインが機能します。

その他チャートパターン

ネックラインとは

ダブルトップや三尊が発生した際にその安値同士を結んだ線のことで、ネックラインを上に抜けると売りの圧力が強くなる傾向にあるため、上昇トレンドが発生しやすくなります。
ダブルボトムや逆三尊が発生した際は高値同士を結んだ線のことで、ネックラインを下に抜けると買いの圧力が強くなる傾向にあるため、下降トレンドが発生しやすくなります。

だましとは

だましとは、テクニカル分析において「買い」または「売り」のサインが出ているのにも関わらず、相場が急変し予測に反した動きになることを指します。
例えばレンジ相場が続いた後、レジスタンスラインを抜けてブレイクアウトした時に、上昇トレンドの発生を予測して買いポジションを保有したのにすぐに価格が戻ってしまった、という場合などを「だまし」といいます。

トレンド相場とは

トレンド相場とは、全体で見た時「上昇」と「下降」どちらか一方の勢いが強くなった相場のことをいいます。
またチャートが上向きの場合を上昇トレンド、チャートが下向きの場合を下降トレンドといいます。

レンジ相場(ボックス)とは

ある一定の幅で相場が上がったり下がったりすることをレンジ相場といい、FXではレンジ相場が7割といわれています。

ブレイクとは

相場がレジスタンスラインまたはサポートラインを抜けた状態のことで、相場がレジスタンスラインを上に抜けることを「ブレイクアウト」といい、相場がサポートラインを下に抜けることを「ブレイクダウン」といいます。
レンジ相場が長く続けば続くほどブレイクアウトした時のエネルギーは大きくなります。

キャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめ

海外FX業者の利用を検討している方はキャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめです。キャッシュバックサイトを利用すると取引量に応じてキャッシュバックが受けられます。
キャッシュバックサイトを経由して口座開設した場合、トレードする度キャッシュバックが受け取れるため、実質取引手数料を抑えることが出来ます。

キャッシュバックサイトNo1はTariTali!

TariTalilogo
TariTaliとは海外FX業者を対象としたキャッシュバックサービスで、TariTali経由で開設した海外FX口座の取引量に応じて高いリベート率でキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

キャッシュバックサイト別に出金スピードと手数料を比較しました。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 翌月1日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 250円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

TariTalilogo