海外FX口座開設の必要書類


海外FXで口座開設をするにあたり、「本人確認書類」と「住所証明書類」の準備が必要です。(口座開設時に書類の提出が求められなくても、出金の際に必要になります。)
今回は本人確認書類や住所証明書類として有効な書類や、書類を提出する際に注意することをまとめましたので参考にして頂ければと思います。

本人確認書類として有効な書類


●運転免許証
裏面に修正事項や変更事項が記載されている場合、裏面のコピーまたは写真も一緒に提出する必要があります。
●パスポート
●住民台帳(写真付き)
●マイナンバーカード(写真付き)

住所証明書類として有効な書類


●公共料金明細書(電気・ガス・水道・電話等)
●健康保険証
●印鑑証明書
●納税関連書類
●住民票
●国民健康保険証
●固定電話利用料金明細
●携帯電話利用料金明細
●クレジットカード利用明細

書類提出時に気を付けること

●本人確認書類は有効期限内の書類であるか
●住所証明書類は各FX業者が指定する発行期限内の書類であるか
●画像のピントが合っているか
●画像サイズは適切か(小さすぎたり見切れていると受付不可)
●反射して見えなくなっている部分がないか
●本人確認書類・住所証明書類はカラーであるか(FX業者によっては白黒でも受付可)

各FX業者の必要書類

XM


必要書類
本人確認書類1点+住所証明書類1点


●住所証明書類は6ヶ月以内に発行された書類であること(健康保険証は有効期限内であればOK)
●住所証明書類として健康保険証を提出する場合、表面に現住所が印字されていること(裏面に住所が記載されているものや手書きのものは不可)
XMの紹介ページはコチラ

AXIORY


必要書類
本人確認書類1点+住所証明書類1点


●住所証明書類は6ヶ月以内に発行された書類であること(健康保険証は有効期限内であればOK)
●社会保険・組合保険証の場合、カード裏面の情報記入欄に現住所を記載し、表面と併せて提出すること。(住所を複数記入している場合は旧住所に二重線を引く)

AXIORYの紹介ページはコチラ

FxPro


必要書類
本人確認書類1点+住所証明書類1点


●住所証明書類は6ヶ月以内に発行された書類であること(健康保険証は有効期限内であればOK)
●住所証明書類として健康保険証を提出する場合、表面に現住所が印字されていること

FxProの紹介ページはコチラ

TitanFX


必要書類(下記➀➁➂のいずれか)
➀運転免許証+保険証
➁本人確認書類2点
➂本人確認書類1点+住所証明書類1点


●住所証明書類は3ヶ月以内に発行された書類であること(健康保険証は有効期限内であればOK)

TitanFXの紹介ページはコチラ

Tradeview


必要書類
本人確認書類1点+住所証明書類1点


●住所証明書類は3ヶ月以内に発行された書類であること
●住所証明書類として健康保険証を提出する場合、表面に現住所の記載が印字されていなければ裏面に手書きで現住所の記載をすることで受付可になります。

TradeViewの紹介ページはコチラ

キャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめ

海外FX業者の利用を検討している方はキャッシュバックサイト経由での口座開設がおすすめです。キャッシュバックサイトを利用すると取引量に応じてキャッシュバックが受けられます。
キャッシュバックサイトを経由して口座開設した場合、トレードする度キャッシュバックが受け取れるため、実質取引手数料を抑えることが出来ます。

キャッシュバックサイトNo1はTariTali!

TariTalilogo
TariTaliとは海外FX業者を対象としたキャッシュバックサービスで、TariTali経由で開設した海外FX口座の取引量に応じて高いリベート率でキャッシュバックしてくれます。

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

キャッシュバックサイト別に出金スピードと手数料を比較しました。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 翌月1日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 250円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

TariTalilogo