【TitanFX】口座タイプの基本情報

TitanFXには「スタンダード口座(STP)」「ブレード口座(ECN)」の口座タイプがあります。

下記は口座タイプの基本情報になります。

スタンダード口座(STP) ブレード口座(ECN)
最小注文数 1000通貨 1000通貨
最大レバレッジ 500倍 500倍
最低入金額 $200 $200
手数料 無料 10万通貨あたり$3.5

平均スプレッドでSTPとECNの取引コストを比較

STPとECNの取引手数料とスプレッドは、以下になります。

●STP口座
取引手数料:無料
スプレッド:狭い●ECN口座
取引手数料:有料
スプレッド:とても狭い

Zeroブレード口座(ECN)の取引手数料は10万通貨あたり片道0.35pips(3.5ドル)、往復0.7pips(7ドル)

スタンダード口座(STP)
取引コスト
ブレード口座(ECN)
取引コスト
USD/JPY(ドル円) 1.3pips 1.0pips
EUR/USD(ユーロドル) 1.2pips 0.9pips
EUR/JPY(ユーロ円) 1.7pips 1.4pips
GBP/USD(ポンドドル) 1.6pips 1.3pips
GBP/JPY(ポンド円) 2.5pips 2.1pips


・各通貨ペアの取引コストは平均スプレッドを基にしています。
・ECN口座の取引コストは平均スプレッドに手数料を加算しています。

おすすめはスタンダード口座

上記の表からブレード口座の方が取引コストを抑えられることが分かります。

ECNの狭いスプレッドはとても魅力的ですが、TitanFXのブレード口座(ECN)はスリッページが大きいためスタンダード口座がおすすめです。

またスタンダード口座で取引手数料を抑える方法として、キャッシュバックサイト経由での口座開設が挙げられます。

TitanFXは狭いスプレッドを提供している代わりに、ボーナスはありません。
XMなどの様に豪華なボーナスを提供しているブローカーを利用する場合、IB(キャッシュバックサイト)経由で口座を開設するとボーナスが受け取れないというデメリットがありますが、ボーナスがないブローカーを利用する場合はそのデメリットがなくなるためIB経由での口座開設がおすすめです。

つまりキャッシュバックサイト経由での口座開設をすると取引量に応じてキャッシュバックが受けられるため、実質取引手数料を抑えることが出来ることになります。

当サイトのおすすめキャッシュバックサイトはTariTali

TariTalilogo

海外FXのキャッシュバックサイトは多数存在しますが、中でも特におすすめなのがTariTaliです。

TariTaliとは海外FX業者を対象としたキャッシュバックサービスで、TariTali経由で開設した海外FX口座の取引量に応じて高いリベート率でキャッシュバックしてくれます。

TitanFXのキャッシュバックサイト別リベート率比較

各キャッシュバックサイトの口座別リベート率を比較してみました。

スタンダード口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 4USD(0.4pips)/Lot
RoyalCashBack 4USD(0.4pips)/Lot
FinalCashBack 0.32pips/Lot
CASHBACKFOREX ×
CASHBACKVictory 0.32pips/Lot

ブレード口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 1.2USD/Lot
RoyalCashBack 1.2USD/Lot
FinalCashBack ×
CASHBACKFOREX ×
CASHBACKVictory 0.6USD/Lot

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

キャッシュバックサイト別に出金スピードと手数料を比較しました。

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 翌月1日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 250円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

TariTalilogo