【XM】口座タイプの基本情報

日本人トレーダー人気No1のXMには、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」と3種類の口座タイプがあります。
今回はどの口座タイプを選ぶと良いか分からないという方に向けて各口座タイプの特徴を解説していきたいと思います。

下記は、それぞれの口座タイプの基本情報になります。

マイクロ口座 スタンダード口座 Zero口座
取引単位量 1ロット=1,000 1ロット=100,000 1ロット=100,000
最小取引サイズ 0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
0.01ロット 0.01ロット
ロット制限 100ロット 50ロット 50ロット
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
最低入金額 5$ 5$ 100$
手数料 なし なし あり
ボーナス あり あり なし
注文方式 STP STP ECN
スプレッド 1pipsから変動 1pipsから変動 0pipsから変動

スタンダード口座の特徴

スタンダード口座は3つの口座タイプの中で最も利用者が多いことが特徴です。

1pips変動あたりの損益額(USD/JPYの場合)
●0.01ロット(1,000通貨)
1pips=10円
●1ロット(100,000通貨)
1pips=1000円
●50ロット(5,000,000通貨)
1pips=50000円

マイクロ口座の特徴

1ロット=1,000通貨(最小ロット0.01ロット=10通貨)・最低入金額5$(500円程度)と、運用資金が少なくてもトレード出来るのがマイクロ口座の特徴です。
最大取引量は10万通貨のためたくさんの利益を狙うトレードには向いていませんが、10通貨単位でのトレードが可能なため運用資金が少ないけどリアル口座でトレードの感覚を掴みたいという初心者の方におすすめです。

1pips変動あたりの損益額(USD/JPYの場合)
●0.01ロット(10通貨)
1pips=0.1円
●1ロット(1,000通貨)
1pips=10円
●100ロット(100,000通貨)
1pips=1000円

おすすめはスタンダード口座?マイクロ口座?

スタンダード口座とマイクロ口座はロット制限と1ロットあたりの取引単位量が異なるだけでその他の条件は同じになります。

●スタンダード口座
最大取引量5000,000通貨
最小取引量1000通貨
●マイクロ口座
最大取引量100,000通貨
最小取引量10通貨

そのためどちらの口座を開設するか迷った場合には1000通貨未満でトレードをする場合はマイクロ口座を、1000通貨以上でトレードをする場合はスタンダード口座を開設するという判断方法が有効です。

Zero口座の特徴

$100,000のトレードごとに片道$5の手数料がかかる代わりに「最狭0pips」の狭いスプレッドと高い約定力を提供しているのがZero口座の特徴です。
USD/JPYの場合だと平均スプレッドは約0.1pipsとなります。

Zero口座は最大レバレッジ500倍と、スタンダード口座やマイクロ口座よりも低めの設定な上、「ボーナスなし」「最低入金額2万円以上」「CFD銘柄の取り扱いなし」などのデメリットがありますが、約定力が高く他の口座タイプよりも取引コストを抑えることが出来るため、約定力と取引コスト重視のスキャルピングトレーダーにおすすめです。

【XM】キャッシュバックサイト別リベート率比較

それぞれの口座タイプの特徴が分かってきたところで、各キャッシュバックサイトのXM口座別リベート率を比較しました。

XMスタンダード口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 7.5USD/Lot
RoyalCashBack 0.65pips/Lot
FinalCashBack $6.00/Lot
CASHBACKFOREX $5.50/Lot
CASHBACKVictory 0.65pips/Lot

XMマイクロ口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 7.5USD/Lot
RoyalCashBack 0.65Pips/Lot
FinalCashBack $6.00/Lot
CASHBACKFOREX $5.50/Lot
CASHBACKVictory 0.65pips/Lot

XMゼロ口座のリベート率比較

キャッシュバックサイト リベート率
TariTali(タリタリ) 3.75USD/Lot
RoyalCashBack 0.65Pips/Lot
FinalCashBack ×
CASHBACKFOREX $2.20/Lot
CASHBACKVictory 0.3pips/Lot

キャッシュバック出金スピードと手数料を徹底比較

サイト名 手数料 最低出金額 出金可能時期
TariTali 無料 1500円以上 取引翌日から出金可能
RoyalCashBack 無料 5000円以上 翌月20日から出金可能
FinalCashBack 250円 5000円以上 翌月25日から出金可能
CASHBACKFOREX 40USD 200USD以上 翌月12日から出金可能
CASHBACKVictory 500円 5000円以上 翌月末から出金可能

他キャッシュバックサイトの最短出金日数は翌月後半から翌々月後半、出金出来るのは「1ヶ月に1回まで」となっていますが、TariTaliは立替え支払により出金可能日数は最短翌日と好条件の実現を可能にしています。

キャッシュバックサイトNo1はTariTali!

TariTalilogo

TariTali(キャッシュバックサイト)経由で口座開設をすると、取引量に応じてリベートが受けられるため実質取引コストを抑えることが出来ます。
例えばUSD/JPYの場合、XMのスタンダード口座・マイクロ口座では約1.8pipsのスプレッドが発生しますがTariTali経由で口座を開設すると、約1.2pipsまで抑えられることになります。

キャッシュバックサイトを経由してスタンダード口座・マイクロ口座を開設する場合、ボーナスを受け取ることは出来ません。Zero口座は元々ボーナスなしのため、キャッシュバック経由での口座開設にデメリットはありません。

今日のまとめ

ookami

簡単にまとめると、スタンダード口座は経験者向け・マイクロ口座は初心者向け・Zero口座はスキャルピングトレーダー向けの口座となります。異なる口座タイプの併用も可能なので、自分の取引スタイルに合わせて口座タイプを選択してみてはいかがでしょうか。